« 生徒達とデート | トップページ

2010年12月29日 (水)

パナマ国立オーケストラ

パナマにJICAで来てからず~っと何かと関わりがあったオーケストラ。
途中何ヶ月か抜けて団員として正式に入ってから1年4ヶ月、そして今日最後の本番でしたconfident

今思えばこのオーケストラからパナマ生活がいろいろと始まったんだよね~bearing
JICAで教えてた大学の生徒に誘われてオケの本番見に行って、そのオケ後に指揮者に誘われて練習に参加するようになって、riceballと出会ったのもこのオケだしbomb
ボランティアだったけどパナマのな~な~な雰囲気で演奏旅行にも参加できたし(バス代とか食事代とかホテル代とか全部出た)、そこからいろんな人との出会いがあってコンサート開いたりしたし。
去年パナマに戻ってきてオケに戻った時は、パナマだぁってなんか嬉しかったもんねnote

そんな思い出いっぱいのオーケストラnotes
今年は年末までびっちり本番だった~dash
「くるみ割り人形」の本番が12月27日28日29日ってimpact
団員はいろいろ揉めてたけど、ま~なんだかんだ言って今のオケの管轄の政府のトップがバレエ出身で何にも言えなく丸み困れたって感じ。
みんなそんなに練習したくないからさ!

101229_222558

イギリスのバレエ団から主役が来たり、アメリカからも招待がきたりで本格的でした。
お客さんも6回も公演があったのに、たくさん来てた。

101229_200548

101229_200633

へへへ~

我らチェロ隊note

このバレエはチェロは4人でよくて、だからローテーション組みました。
この写真は最後の日。
実はバレエ見たいからって、弾く場所変わってもらったんだ~。
だってうちのところからだとほとんど何も見えないんだもん!

このオーケストラは普通では考えられないこともたくさんあります。

例えばぁdown
全然弾けなくても親戚が政府で働いてたら入れる、とか。
オーディションなんてものは活用されてなくて、コネクション。
いくら上手でも口がうまい人は前で弾ける。
コンチェルトを弾いたとこがある人なんで弦では10人もいないと思う。
音程や強弱なんてものは、なし!
(何度か指揮者がチャイコフスキーが間違ってる!と恐ろしいことをぬかしておりました)
遅刻や早退は当たり前。
演奏会本番に楽譜がないやら初見やら。
指揮者が話してる時もおかまいなく懇談の時間。

こんなオーケストラですが、とっても楽しかったですhappy01

|

« 生徒達とデート | トップページ

パナマ チェロと」カテゴリの記事

コメント

ついに引っ越しなのね。新たな新天地と思いますが、スパニッシュが喋れれば英語なんて簡単よ~!それにだんな様のもとへいくのだから、心強いとも思うし。落ち着くまで大変と思うけど、体大事に頑張ってね★

投稿: yuki | 2011年1月31日 (月) 17時25分

ご無沙汰だったね~。元気かな?
もうアメリカかな??移住手続きもろもろ、大変だったことでしょう。
おつかれ!

投稿: サヨコ | 2011年2月 2日 (水) 10時15分

次はアメリカなの⁉
日本にもたまには帰ってこないの⁉
帰ってきたら、連絡ちょーだい!

投稿: りな | 2011年2月 5日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237413/38664216

この記事へのトラックバック一覧です: パナマ国立オーケストラ:

« 生徒達とデート | トップページ